お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 熊本市エリア > 熊本市中央区

熊本よかとこ.COMテーマ『歴史』

「激動の時代を生きた二人の軌跡を?!」 熊本市中央区 

徳富記念園

明治時代を代表するジャーナリストでもあり、歴史家でもある徳富蘇峰と小説「不如帰」などで知られる弟の徳富蘆花が、少年時代を過ごした住居跡で、かつての姿がそのまま残されている。
中二階は、蘆花の「恐ろしき一夜」という作品にでてくる場所。敷地内には、私塾「大江義塾」跡や、2000点にも及ぶ二人の遺品や資料が展示されている記念館もある。
※映像は地震発生前に撮影したものです

激動の時代を生きた二人の軌跡を?! 激動の時代を生きた二人の軌跡を?!


利用可能時間 9時30分〜16時30分
利用料 無料
定休日 月曜(月曜日が祝日の場合は翌火曜日が休み)、12月29日〜1月3日
住所 熊本市中央区大江4-10-33
駐車場 8台、大型バス1台、マイクロバス2台 無料
お問合せ先 096-362-0919
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:徳富記念園


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 激動の時代を生きた二人の軌跡を?!『徳富記念園』をご紹介!

よかとこスタッフの体験レポート

大河ドラマ「八重の桜」でも描かれた徳富兄弟が、越してきた邸宅!


  • 明治時代を代表(だいひょう)するジャーナリストでもあり、歴史家でもある徳富蘇峰(とくとみ そほう)と小説「不如帰(ふじょき)」などで知られる弟の徳富蘆花(とくとみ ろか)が、少年時代を過ごした住居跡(じゅうきょあと)で、かつての姿がそのまま残されている。
    中二階は、蘆花の「恐ろしき一夜」という作品にでてくる場所。敷地内(しきちない)には、私塾(しじゅく)「大江義塾(おおえぎじゅく)」跡(あと)や、2000点にも及(およ)ぶ二人の遺品(いひん)や資料(しりょう)が展示(てんじ)されている記念館もある。



情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

ページトップへ戻る