お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 県南エリア > 八代市

熊本よかとこ.COMテーマ『歴史』

「「市指定有形文化財」であり「国指定名勝」とは!」 八代市 

松浜軒(市指定有形文化財)

元禄元年(1688)、八代城主・松井直之が母崇芳院尼のために建てたお茶屋。当時この辺りには松が茂り、松林越しに八代海や雲仙を見渡せる浜辺であったことから松浜軒と名づけられました。
別名「浜の茶屋」とも呼ばれ国の名勝にも指定されています。
四季折々の花々が咲き、特に6月上旬には約5,000本の肥後花ショウブが大輪の花を咲かせ、園内の池には伸びやかな石の配置が行われ、築山の石組みや桂離宮天橋立の景色に似た造形など、大名庭園として変化に富んだ風情をつくりだし多くの人々の目を楽しませます。
雄大な海と遥かな景色を取り込んだ意匠を持つ、江戸時代初期の大名庭園として貴重なものです。 
また松井家に伝わる家宝を展示する松井文庫の資料館があり、宮本武蔵ゆかりの「戦気」の軸や手彫りの木刀も展示されています。

「市指定有形文化財」であり「国指定名勝」とは! 「市指定有形文化財」であり「国指定名勝」とは!


開園時間 午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)
観 覧 料 一 般 500円 小中学生 250円
(30人以上の団体1人につき450円 小中学生 1人につき225円
閉 園 日 月曜日(祝日の場合は翌日)
住所 八代市北の丸町3-15
駐車場
お問合せ先 0965-33-0171 松浜軒
HP HPを開く
写真提供 八代市教育委員会
地図情報

◎ご紹介スポット:松浜軒(市指定有形文化財)


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 「市指定有形文化財」であり「国指定名勝」とは!『松浜軒(市指定有形文化財)』をご紹介!

よかとこスタッフの体験レポート

人々の目を楽しませる大名庭園として親しまれる!


  • 元禄(げんろく)元年(1688)、八代城主・松井直之(まついなおゆき)が母崇芳院尼のために建てたお茶屋。当時この辺りには松が茂(しげ)り、松林(まつばやし)越しに八代海や雲仙(うんぜん)を見渡せる浜辺であったことから松浜軒(しょうひんけん)と名(な)づけられました。別名(べつめい)「浜の茶屋」とも呼ばれ国の名勝(めいしょう)にも指定されています。
    四季折々(しきおりおり)の花々が咲き、特に6月上旬には約5,000本の肥後花ショウブが大輪の花を咲かせ、園内の池には伸びやかな石の配置(はいち)が行(おこな)われ、築山(つきやま)の石組みや桂離宮天橋立(かつらりきゅうあまのはしだて)の景色(けしき)に似た造形(ぞうけい)など、大名庭園(だいみょうていえん)として変化に富(と)んだ風情(ふぜい)をつくりだし多くの人々の目を楽しませます。
    雄大(ゆうだい)な海と遥(はる)かな景色を取り込んだ意匠(いしょう)を持つ、江戸時代初期の大名庭園として貴重(きちょう)なものです。 
    また松井家に伝わる家宝(かほう)を展示する松井文庫の資料館があり、宮本武蔵ゆかりの「戦気(せんき)」の軸(じく)や手彫(てぼ)りの木刀(ぼくとう)も展示されています。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

ページトップへ戻る