お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 県南エリア > 八代市

熊本よかとこ.COMテーマ『歴史』

「懐良親王菩提所の悟真寺(市指定)!」 八代市 

懐良親王御陵(悟真寺)

八代市にある『懐良親王御陵』は、涼し気な川と緑あふれる山に囲まれた静かな場所に位置します。
懐良親王は後醍醐天皇の皇子で、征西将軍となり九州における南朝方の中心として活躍し、弘和3年(1383)他界されました。
このお墓は、次の征西将軍後村上天皇皇子の良成親王の命により菊地武朝が造営したものです。
御陵内には、懐良親王直筆銘の宝篋印塔が、そして南側には懐良親王菩提所の悟真寺(市指定)があります。

懐良親王菩提所の悟真寺(市指定)! 懐良親王菩提所の悟真寺(市指定)!


開園時間 無料開放
住所 熊本県八代市妙見町2464 悟真寺
駐車場
問い合せ 0965-34-8201 悟真寺
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:懐良親王御陵(悟真寺)


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 懐良親王菩提所の悟真寺(市指定)!
    『懐良親王御陵(悟真寺)』をご紹介!

よかとこスタッフの体験レポート

悟真寺(市指定)は、征西大将軍懐良親王の菩提寺で、曹洞宗永平寺の末寺


  • 八代市にある『懐良親王御陵(かねながしんのうごりょう)』は、涼(すず)し気(げ)な川と緑あふれる山に囲(かこ)まれた静かな場所に位置(いち)します。
    懐良親王は後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の皇子(おうじ)で、征西将軍(せいせいしょうぐん)となり九州における南朝方(なんちょうがた)の中心として活躍(かつやく)し、弘和3年(1383)他界(たかい)されました。
    このお墓(はか)は、次の征西将軍後村上天皇(ごむらかみてんのう)皇子の良成親王(りょうせいしんのう)の命(めい)により菊地武朝(きくちたけとも)が造営(ぞうえい)したものです。
    御陵内には、懐良親王直筆銘(しっぴつめい)の宝篋印塔(ほうきょういんとう)が、そして南側には懐良親王菩提所の悟真寺(ごしんじ)【市指定】があります。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

ページトップへ戻る