お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > ミュージアム > 熊本市エリア > 熊本市中央区

熊本よかとこ.COMテーマ『ミュージアム』

「昭和初期を体感!」 熊本市中央区 

後藤是山記念館

後藤是山氏は生涯、ジャーナリストの精神で新聞記者としてだけでなく、俳人としても活躍した人物。本名は祐太朗といい、号の“是山”は、「碧巖録」という仏典の「山は是れ依然として山。水は是れ依然として水」からとったものだそう。新聞記事や詩集をはじめ、是山氏の遺品や手紙、色紙、写真、短冊など貴重な資料が展示されています。
※映像は平成28年4月に発生した地震発生前に撮影したものです

昭和初期を体感! 昭和初期を体感!


利用可能時間 9時30分〜16時30分
利用料 無料
定休日 月曜(月曜日が祝日の場合は翌火曜日が休館)、12月29日〜1月3日
住所 熊本市中央区水前寺2-6-10
駐車場 無料 2台
お問合せ先 096-382-4061
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:後藤是山記念館


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 昭和初期を体感!『後藤是山記念館』をご紹介!

よかとこスタッフの体験レポート

貴重な資料が展示!


  • 後藤是山(ごとうぜざん)氏は生涯(しょうがい)、ジャーナリストの精神(せいしん)で新聞記者(しんぶんきしゃ)としてだけでなく、俳人(はいじん)としても活躍(かつやく)した人物(じんぶつ)。本名(ほんみょう)は祐太朗(ゆうたろう)といい、号の“是山”は、「碧巖録(へきがんろく)」という仏典(ぶってん)の「山は是れ依然(いぜん)として山。水は是れ依然として水」からとったものだそう。新聞記事や詩集(ししゅう)をはじめ、是山氏の遺品(いひん)や手紙、色紙、写真、短冊(たんざく)など貴重(きちょう)な資料(しりょう)が展示(てんじ)されています。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


ページトップへ戻る